有限会社ノービス 損保普及センター 有限会社ノービス 損保普及センター

【ケガをした時の保険金請求】よく誤解される診断書の提出について

2016.05.26


こんにちは。ノービスの斎藤です。

 

傷害保険(ケガをしてしまった時の保険)について、お客様がよく誤解されている点についてご案内いたします。

 

 

診断書は不要なケースがほとんど

せっかくご加入頂いている傷害保険ですが、いざケガをしても保険金の請求をされない方が大勢いらっしゃいます。

 

せっかく加入している保険なのに、なぜ請求をされないのでしょうか?

その理由の1つに「診断書をもらう事が面倒」だというご意見があるようです。

 

Fotolia_82952133_Subscription_Monthly_M

 

ですが、実は診断書が必要なケースはごくわずかに限られています

 

  • 手術をしたとき
  • 保険会社からの支払い保険金が10万円を超える時

このような場合には診断書の提出が必要ですが、それ以外の場合には原則不要です。

 

 

 

「保険会社からの支払い保険金が10万円を超える時」とは、

例えば、1回の通院で2500円補償される保険に加入していたとすると、

 

10万円 ÷ 2500円 = 40回

 

40回以上の通院をした場合に初めて診断書の提出が必要となります。

そのように考えると、よほどの大ケガでなければほとんどのケースで診断書は不要ということになります。

 

 

保険金請求に必要なものは領収証のコピー

診断書の替わりに、通院や入院された時の領収証のコピー(原本をご提出いただいた場合には、保険会社でコピーを取って原本をお返しする事もできます)をご用意頂ければ結構です。

 

領収証を紛失してしまった。確定申告で提出してしまった。そんな場合でも対応出来ますので、代理店までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

保険金の請求は意外と簡単です。10分ほどあれば大抵は終了しますので、面倒くさがらずにご請求下さい。

 

お知らせ一覧へ戻る
取締役からの挨拶

保険、防災の事。なんでもお問い合わせください。

電話番号

メールでお問い合わせ

有限会社ノービス 損保普及センター

〒152-0003
東京都目黒区碑文谷1-11-19
TEL 03-3714-3861
損保普及センター(有限会社ノービス)
SJNK16-80012(2014.4.28)

クニドコ

クニドコ

世界には200近くの国と地域があります。
このアプリを使えば、世界中の国と地域の情報がすぐわかります。
国名、国旗、通貨、共通語、時差まで網羅しているので、旅行の計画を立てる時に役立ちます。
「これ、どこの国旗だっけ?」と思ったときにすぐ検索できる国旗逆引き機能付き。

※「クニドコ」は、有限会社ノービスが提供する、学べるアプリです。

見る
未来防災課
ビジネス雑誌 Qualitas 有限会社ノービス 斎藤啓之
ページトップへ